気を付けるべき事

自分の作った動画をいろいろと編集し投稿してほかの人に見てもらうことはうれしいものです。ですが、ここで注意してもらいたい点が出てきます。動画を投稿する際一番に気を付けなければいけないことは動画の著作権問題になります。

自分の作った動画であればなにも問題はありません。著作権は自分になりますので、安心して投稿できます。しかし、自分で作った動画でもBGMに好きなアーティストのCDを使ったりすると他人の著作権を侵害したものになってしまいます。ではそういった音楽等は使うことができないのでしょうか。そういう時はその音楽の著作権的に問題のないものを使えばいいのです。またはYoutubeで使用を認めている著作権フリーの無料で使用できるところを利用することもできます。

もし使いたいBGM等があればまずそれだけでもテストアップしてみて、飲んだいなくアップロードができることを事前に確認してみることもたいせつです。せっかく作った動画を投稿しても公開できなければ今までの苦労が水の泡になってしまうこともあるからです。

この著作権等に気を付けながらも、その道のプロではないけれども、自分で編集し作り上げた作品である動画をたくさんの人に見てもらえる喜びを一度体験してみるのもいいのではないでしょうか。

動画を投稿する際に必要なこと

Youtubeに上げた動画は公開範囲を決めることができます。その段階は3つあります。まず一つ目は「公開」です。最初は基本的には誰にでも見られる公開という設定になっています。自分以外のたくさんの人に見せたいという人はこれにするのがいいのかと思います。

二つ目は「非公開」というのがあります、こちらは文字通りその動画を非公開にしてしまいます。要はそれを投稿した投稿者しか動画を見ることができません。自分で撮影した動画の保存をしておくことを望んだ際にデータ保管のために使うことが多いです。また、非公開でも投稿者が相手を指定してGoogleアカウントを通して動画を知らせた時はその動画を見ることができます。

三つ目は「限定公開」というものです。これはそこで検索しても出てくることはなく、また関連動画にも表示されません。しかしURLを共有している人なら見ることができるというシステムです。このURLを知っていれば見ることができますが、知らない人はそこにたどりつくことができず、見ることができないようになっています。

誰にでもみせても構わないもの、身内や仲間内でとった動画をみんなで共有するためのもの、自分と自分が許可した人で見るものとその時に応じて動画を投稿することができるのです。

動画を編集

自分もこの動画を投稿してみたいけどいろいろ技術が必要だろうし無理だと思う人は多いのではないでしょうか。実はYoutubeはツールが用意されており、それを使えば動画をアップロードはもちろんのこと、その動画に音楽をつけたり、コメントを入れたりすることが可能になります。そういった編集をすることにより、ただの動画でもより深く感情移入することができ、それを見て感動した人から口コミなどで話題となりどんどんと視聴してくれる人が増えてくるようになります。

ではどういうことができるようになるのでしょう。Youtubeには「動画編集機能」があります。これは動画のカットや追加、文字の挿入、エフェクトや音楽の追加などです。基本的な機能がすべてここにはそろっているので、簡単な編集であれば十分に満足いくものができるのではないでしょうか。撮った動画をYoutubeにアップしてそこで編集して投稿する、そういう作業かここでは簡単にできるようになります。

動画を上げるにはそれなりの内容が必要になるかと思います。一番みてもらいやすいのはSNSなどでシェアされやすいものや面白い内容のなどがいろんな人に受け入れやすいのではないでしょうか。ちょっとしたストーリー的な要素を使いながら編集をしていくのも面白いかもしれません。また、それほどクオリティが高くなくても毎日ちょっとしたことを投稿していくことでファン化してもらうことも必要かと思います。

動画を投稿するには相手に見てもらって共感してもらうことがYoutubeの醍醐味なのではないでしょうか。

Youtubeとはどういう所

Youtubeという言葉をよく耳にすることがあるかと思います。いろんな人があげた動画を見ることができるサイトです。利用した人もたくさんいるのではないでしょうか。

Youthbeというのはもともとアメリカで作られた動画共有サービスです。「You」があなたで「Tube」はブラウン管(いわゆるテレビ)という意味です。いろいろな人からの投稿された音楽やゲームの動画や自分で作った動画やビデオを投稿してたくさんの人とそれを共有できる動画共有サービスになります。今や全世界の人々が数々の動画を投稿し、それを見ることができます。

Youtubeはいろいろな動画を見ることができます。料理の仕方や様々な勉強のやり方なども投稿されています。かと思えば、ペットの動画やゲームの攻略方法などちょっとしたことまでもが投稿されています。自分が好きなことや物やペットをほかの人にも知ってもらいたい、共有してほしいということはたくさんあります。それを伝える方法に一つとしてYoutubeは使われています。

最初はちょっとした事を投稿していき、視聴回数が増えていくにつれて、うれしいと思う気持ちが出てきます。そのうちどんどんとここをこうしたい、これをすれば面白みが出てくるのではというような感じで作成する側もどんどんと技術が磨かれていき、またそれがうまくできたときはやはりそれを投稿してより多くの人に見てもらいたいというサイクルが生まれ、より多くの動画が投稿されています。それが今や検索エンジンの分野において世界的に上位に位置する巨大メディアになっています。