動画を投稿する際に必要なこと

Youtubeに上げた動画は公開範囲を決めることができます。その段階は3つあります。まず一つ目は「公開」です。最初は基本的には誰にでも見られる公開という設定になっています。自分以外のたくさんの人に見せたいという人はこれにするのがいいのかと思います。

二つ目は「非公開」というのがあります、こちらは文字通りその動画を非公開にしてしまいます。要はそれを投稿した投稿者しか動画を見ることができません。自分で撮影した動画の保存をしておくことを望んだ際にデータ保管のために使うことが多いです。また、非公開でも投稿者が相手を指定してGoogleアカウントを通して動画を知らせた時はその動画を見ることができます。

三つ目は「限定公開」というものです。これはそこで検索しても出てくることはなく、また関連動画にも表示されません。しかしURLを共有している人なら見ることができるというシステムです。このURLを知っていれば見ることができますが、知らない人はそこにたどりつくことができず、見ることができないようになっています。

誰にでもみせても構わないもの、身内や仲間内でとった動画をみんなで共有するためのもの、自分と自分が許可した人で見るものとその時に応じて動画を投稿することができるのです。